ホーム > お客様サービスの取り組み

社員が喜べば、お客様も喜ぶ。
社員一同で日々研鑽を積んでいます。

日本電力サービスでは、
「社員が満足しなければ、お客様を満足させることはできない」
という考えから、社員教育に力を注いでいます。
その教育を受けた社員がお客様への感謝イベントも開催しています。

お客様への取り組み
お客様感謝イベント

お客様感謝イベント


弊社モデルルーム(展示館)にて年1回、お客様とのコミュニケーションを図る無料のお楽しみイベントを開催しています。

ピエロショーや太鼓の演技、やきそば、わたあめ等の模擬店出店などのお楽しみコーナーや、オール電化や太陽光パネルの体験会などを実施し、毎年多くのお客様で賑わうイベントです。

体験イベントの開催

体験イベントの開催


年間3、4回、最新の冷暖房機器やオール電化、太陽光パネル等の弊社商品を体験していただくイベントを行っています。
効率よい部屋の暖め方などもご紹介しています。

カルチャー教室の開催

カルチャー教室の開催


毎月2回、カルチャー教室(料理、折り紙、生け花、着付け等/隔月開催)を弊社モデルルーム(展示館)にて開催しています。 オール電化を実際に体験しながら料理が楽しめるとご好評を頂いております。

仕事での取り組み
P(計画)→D(実行)→C(評価)→A(改善)の徹底

P(計画)→D(実行)→C(評価)→A(改善)の徹底


お客さまの思いを一緒に計画し、具体化する当事者意識

電気の用途はお客様ごとに異なります。
望んでいる点検は何か?等を細かくお聞きし、その思いをスタッフ全員で共有し、 計画書作成から実施まで一貫体制で具現化します。

安心な二重チェックとトレーサビリティの保管

安心な二重チェックとトレーサビリティの保管


チェックシートに基づいた点検を実施しますが、 そのシートをさらに別の監督員がチェックし、点検の精度を高めています。

また、どの作業を誰が行ったかを記録し、5年間保管しています。

設備の健康を考えた延命清掃を重視

設備の健康を考えた延命清掃を重視


汚れや埃は電気設備の天敵です。
そのため、設備の清掃が重要となります。
長く使って頂くために、電気資格を持ったプロが清掃作業にあたります。

点検時の不具合や修繕計画の調査をその場で実施

点検時の不具合や修繕計画の調査をその場で実施


点検部門とは別に、修繕・工事部門を併設しており、現場で修繕計画の調査を行うことができます。

また、高圧設備の調査を再停電なしで完了するシステムを持っています。
修繕工事も次回の停電時に一括して実施するため、
コストも低減できます。

建物をまるごと管理できます

建物をまるごと管理できます


空調設備や防災設備、エレベーターなども管理できるため、 一つの建物をまるごとお任せいただくことが可能です。

また、専門メーカーとのスムーズな連絡網を整備しており、 トラブル発生時でも万全の一貫体制を敷いています。

一貫体制で工事・整備・チェック

一貫体制で工事・整備・チェック


現場調査、図案設計、現場監督、工事をすべて自社で行います。
試験、測定、検査は、社内の別部署が担当し、 細かい検査項目に従って隅々まで厳しくチェックします。

電気のすべてがわかる技術者が保守・運転

電気のすべてがわかる技術者が保守・運転


空調の操作はできても修理ができない。
ポンプの操作はできても制御システムがわからない。
すべての電気がわからないことに原因があります。

当社は電気が分かる技術者を送り、すべての保守運転に対応できる体制を取っています。

当社で一貫対応

当社で一貫対応


現場で解決できないようなトラブルが発生し、解決に時間がかかる場合があります。 しかし当社は電気設備に関わる全てのスタッフを揃えているため、 即座にスピード対応することができます。

また、当社一貫で作業を行うことができるため、
運営コストも抑えることが可能です。

社内での取り組み
日本電力サービス賞

日本電力サービス賞


年1回、活躍した社員へ感謝を込めて表彰する社内表彰制度を設けています。
  日賞「ニチ賞」:日々新たな努力をされたでしょう。
  本賞「ホン賞」:本気でチャレンジされたでしょう。
  電賞「デン賞」:報・連・相ピカイチでしょう。
  力賞「リキ賞」:全力で立ち向かったでしょう。
  サービス賞:お客様に尽くしたでしょう。

研修旅行

研修旅行


社員一同でイベントにチャレンジし、団結力を育む研修旅行を実施しています。過去にカートレースやゲートボール大会、ライン下りを行いました。